英文医学論文の投稿を支援するMTSのウェブサイト

TOPICS

倫理的配慮の書き方

研究における倫理的配慮とその記載方法について、ICMJEのRecommendationsでは、Methodsの …

論文タイトルのつけ方

論文タイトルは、アブストラクトとともに、読者や査読者が最初に目を通す部分であるため、読みやすく論文内容を正確に …

Abstractの書き方

アブストラクトは電子データベース上で無料公開されており、多くの読者が最初に目を通す部分であるため、本文の内容が …

トピックセンテンスの活用

英文で推奨される段落構成として、各段落の主題を端的に表現した文(トピックセンテンス)を先頭におく形式があります …

Discussionの書き方

Discussion(考察)の目的は、研究結果を過去のエビデンスと照らし合わせて解釈・議論することにより、普遍 …

Introductionの書き方

Introduction(緒言)の役割は、報告する研究の背景を説明し、その目的を明らかにすることです。 ICM …

Resultsの書き方

Resultsの目的は、研究により得られた結果を、本文または図表を用いて、論理的に提示することです。研究の主要 …

Methods-統計解析の書き方

ICMJEのRecommendations では、Methodsに記載する統計解析の手法について、下記の通り、 …

Methods ― 技術的情報の書き方

ICMJEのRecommendations では、Methodsにおいて記載すべき技術的情報について、下記の通 …

Methods-対象の書き方

Methodsにおける対象の書き方については、ICMJEのRecommendationsに下記の記載があります …

英文プロフィールの作成サービスのご案内

海外での招聘講演などで求められる英文略歴について、お役立ていただけるサービスを開始しました。日本語にて、素材と …

オープン・アクセスと著作権の取り扱い

論文がアクセプトされると、ジャーナルによってタイミングは多少異なりますが、概ねProof(校正刷り)が届く段階 …

Methodsの書き方

Methodsの目的は、研究をどのように行ったか(研究デザイン、対象、評価方法など)や、どのような手法や資材を …

引用文献の選び方

文献の引用は、研究結果の背景や目的、考察の科学的根拠を示すうえで重要であり、論文の信頼性にも影響を与えます。適 …

ブログのご案内

投稿論文に関するさまざまな内容を取り上げています。 MTSのブログは、こちらよりアクセスしてください。  

「英文投稿論文の書き方 — 使えるフレーズ集」を作成しました

英文投稿論文の書き方に関する参考書は多数出版されていますが、その大部分は論文の構成や文体・文法に関する概論的な …

ICMJEのCOIフォームの記載法

COIの開示について、ICMJEの統一書式「 Form for Disclosure of Potential …

「重複(二重)投稿・掲載」と「許容される二次掲載」(改定)

ある雑誌で既に発表された論文と内容的に大きく重複する論文を別の雑誌に投稿・掲載する行為は「重複(二重)投稿・掲 …

著者資格と著者貢献の書き方(改定)

ICMJEのRecommendationsでは、著者資格(Authorship)について、以下の通り、定められ …

COIの書き方

利益相反(Conflicts of Interest: COI)に関する情報開示 投稿論文では、著者はその研究 …

投稿規定と各種ガイドライン

投稿するターゲット・ジャーナルが決まりましたら、そのジャーナルの投稿規定に従って論文の形式を編集する必要があり …

カバーレターサンプル

初回投稿用 はじめて論文をジャーナルに投稿する際のカバーレターサンプルです。 Cover letter sam …

カバーレターの書き方

論文投稿の際には、原稿とともにカバーレターを送付する必要があります。査読後のリバイス原稿の提出の際にも、カバー …

投稿先ジャーナルの選び方(2)

前頁に示した内容の通り、ジャーナルのホームページから論文投稿の概要を把握することができます。さらに、各ジャーナ …

投稿先ジャーナルの選び方(1)

適切なジャーナルを選択することにより、論文のアクセプト率が高まり、研究結果をより速やかに発表することができます …

PAGETOP
Copyright © Medical Translation Service (MTS) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.