ICMJEのRecommendationsでは、著者資格(Authorship)について、以下の通り、定められています。近年、著者資格に対する要件は厳しくなっており、全著者の署名入りの書類の提出や、各著者の具体的な貢献度を論文中に記載することなどが求められています。

The ICMJE recommends that authorship be based on the following 4 criteria:

  1. Substantial contributions to the conception or design of the work; or the acquisition, analysis, or interpretation of data for the work; AND
  2. Drafting the work or revising it critically for important intellectual content; AND
  3. Final approval of the version to be published; AND
  4. Agreement to be accountable for all aspects of the work in ensuring that questions related to the accuracy or integrity of any part of the work are appropriately investigated and resolved.

【要約】

以下の4つの基準を満たすものを著者とする。

  1. 研究のコンセプト・デザイン、またはデータの収集・解析・解釈に十分に貢献している かつ
  2. 重要な知的内容について、論文の執筆または批判的な改訂を行っている かつ
  3. 発表論文対して最終的承認を与えている かつ
  4. 発表論文のいかなる内容に対しても、その正確性や整合性に関する疑問点が適切に調査・解決されることに責任をもつ

Non-Author Contributors

著者資格の基準に満たないが、論文に貢献した者はすべて、謝辞(Acknowledgements)の項に記載する。貢献者には、資金調達を行った者、研究の指揮や管理を行った者、原稿ライティング支援や編集・校正を行った者などが含まれる。Acknowledgementsには、貢献者の個人名、またはグループ名(例:「Clinical Investigators」または「Participating Investigators」)を記載し、具体的な貢献内容を記載すること。

著者貢献に関する論文への記載例

Authors’ contributions AA [著者名] designed the study, and wrote the initial draft of the manuscript. BB [著者名] contributed to analysis and interpretation of data, and assisted in the preparation of the manuscript. All other authors have contributed to data collection and interpretation, and critically reviewed the manuscript. All authors approved the final version of the manuscript, and agree to be accountable for all aspects of the work in ensuring that questions related to the accuracy or integrity of any part of the work are appropriately investigated and resolved.

※すべての著者が上記のAuthorshipの4つの基準を満たしていることを記載しています。

本内容は、ICMJEの最新版(2016年12月改定版)にあわせて改定しました(2017年5月)